<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大型納屋の雨漏り対策と補強 〜その3〜

使い慣れた納屋が、アカを落とし一新します!

a0163962_1122467.jpg


▲施主様のライフスタイルに合わせて、リフォームを進めています。

長く使ってきた大型の納屋は、
今も施主様のライフスタイルに欠かせない
場所として、活用されています。

かつて牛を飼っていたというスペースは、
今回のリフォームにより
農機具を収納する場所に生まれ変わり、
老朽化による雨漏りや耐震への不安を解消し、
新たな収納スペースも設けることができます。

施主様の暮らしを支えてきた大型納屋だけに
ご家族の愛着も一塩のはず。

阿波の名匠「中野建築」は、そうした施主様の思いを
しっかりと受け止めつつ、新たな暮らしの一部として
ライフスタイルに溶け込んでいく大納屋を目指し
リフォームを進めさせていただいています。

さっそく、T様邸の大型納屋リフォーム第3話を
どうぞご覧ください。


[中野建築のホームページへ戻る]


a0163962_112087.jpg


▲前面には、電動シャッターと大型引き戸を設けることで、より使い勝手を向上させます。

a0163962_1115986.jpg


▲納屋の室内奧には、中2階の収納スペースを設けます。ビニールやロープなどを整然とかたづけることができます。

a0163962_1122395.jpg


▲防水シートを隙間無く張り巡らせることで、長く使っていただける建物になります。

a0163962_1122314.jpg


▲太い梁は大型の納屋をしっかりと支えます。明かり取りの窓も、必要な部分を計算して取り付けています。

阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
中野建築のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com


[中野建築のホームページへ戻る]
[PR]

by nakano-arc | 2012-09-21 11:25 | リフォーム

大型納屋の雨漏り対策と補強 〜その2〜

瓦を葺き替え、外壁も一新!

a0163962_9331321.jpg


▲屋根裏とトイ、外壁等の接合部分がしっかりと合っています。当然の作業ですが、これがプロの仕事です。

日本の風土を理解し、徳島の暮らしに寄り添うことで
築き上げてきた在来工法の技を継承する
阿波の名匠「中野建築」では、
同時に、耐震やエコといった分野での最新技術を
積極的に取り入れることで、今のライフスタイルにあわせた
暮らしやすい住まいをご提案しています。

そして、注文住宅はもちろん、
愛着ある家に長く暮らしていただくための
リフォームにも取り組んでいます。

施主T様より、ご依頼いただいております
大型納屋の雨漏り対策と補強工事も、この一例です。

第2話となる今回は、外壁および室内リフォームの
様子をご覧いただきます。

今後、リフォームのご参考にしていただければ幸いです。


[中野建築のホームページへ戻る]

a0163962_9331270.jpg


▲断熱・防水性能の高い下地の外側に、隙間無く外壁材を貼ってゆきます。

a0163962_9331112.jpg


▲明かり取りの窓にも、雨水を防ぐ庇(ひさし)を設ける、昔ながらの知恵です。

a0163962_933667.jpg


▲一日の作業の締めくくりは、お掃除。当然の気配りとして、中野建築では常に実践しています。

a0163962_933591.jpg


▲太い梁は、シャッターを支えるため。右奥には、大型引き戸を設けさせていただく予定です。

a0163962_933560.jpg


▲切り妻に変更した大屋根にも、瓦を葺き終えました。

阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
中野建築のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com


[中野建築のホームページへ戻る]
[PR]

by nakano-arc | 2012-09-12 10:00 | リフォーム

築200年の古社を再生 〜その5〜

床下地から外壁へ、順調に工事を進めています

a0163962_975112.jpg

▲用意した真新しい木材が、爽やかな香りを放っています。

早朝は、少し気温が下がるようになったものの
以前として夏日が続いています。

毎年、同じような気候というわけにはいかないのが自然です。
阿波の名匠「 中野建築」では、気候の変化にうまく対応する
昔ながらの技の蓄積と、自然環境や家計にもやさしい
最新のエコ技術を積極的に取り入れた家づくりに向き合っています。

さて、今回は築200年あまりの古社「八幡日吉神社」の
リフォーム・レポート第5話です。

残せるものは、できるかぎり再利用することで、
当神社の趣をしっかりと引き継ぎ、
老朽化や風雨による腐食が進んだ建材を
真新しい木材で代替することで、
今後、長い歴史を重ねていただける
強い建物を目指しています。

というわけで、本レポートでは、
床下地張り工事の様子と、外壁工事を進める前の
柱、梁の配置をご覧いただきます。

どうぞゆっくりと、ご確認ください。


中野建築・HOMEへ戻る

a0163962_97516.jpg

▲風雨に耐えるため、神殿へ続く、内廊下を新設します。

a0163962_975144.jpg

▲日本瓦が乗り、かつての風格が戻ってきました。

a0163962_975061.jpg

▲拝殿から神殿へ続く廊下の下地を貼りました。

a0163962_973937.jpg

▲残せる柱はできるかぎり生かし、必要な箇所に斜交い、柱を入れます。

a0163962_973944.jpg

▲屋根裏の材は腐食しているように見えますが、十分な強度が確認できました。

a0163962_973838.jpg

▲床下は金属のジャッキで支え、必要に応じて修正ができるようにしました。

a0163962_973813.jpg

▲お昼休み。時折通る初秋の風を楽しみに、安全に配慮し作業を続けます。

阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
阿波の名匠「中野建築」のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com

中野建築・HOMEへ戻る
[PR]

by nakano-arc | 2012-09-10 09:30 | リフォーム

木造2階建て風通しのいい家 〜その4〜

1・2階の床張り工事を進めました

a0163962_17353338.jpg


▲注文住宅「Sk様邸」の建築も順調に進んでいます。

今日も、四国徳島は残暑酷暑の一日でした。
こうした蒸し暑い夏にも、また凍えるような北風が吹く冬にも、
もちろん過ごしやすい春や秋にも、快適に暮らしていただける
家づくりを提案する阿波の名匠 中野建築です。

今号では、在来工法で建てる木造2階建て、
どっしりと風格あるオール電化住宅「Sk様邸」の
建築工事風景第4話として、
1階部分および2階部分の床張り工事の様子を
ご紹介します。

堂々とした佇まいをみせる「Sk様邸」の重量を
しっかりと受け止める太い梁や柱を、
長い歴史の中で錬磨されてきた技と最新の技術でつなぎ、
安心感のある床との協調を図っています。

それでは、どうぞゆっくりとご覧ください。


[中野建築ホームページのトップページへ]

a0163962_17353267.jpg


▲2階ベランダの防水処理を行っています。

a0163962_17353196.jpg


▲2階床の下地を張り、開口部を微調整しながら窓枠を設置します。

a0163962_17353178.jpg


▲青空の下、オール電化の注文住宅「Sk様邸」の堂々としたスガタが見えてきました。

a0163962_17352434.jpg


▲屋根裏には、堂々とした太い屋台骨を走らせました。

a0163962_17352428.jpg


▲しっかりと強度を確保しながら、暮らしやすい間取りを実現する柱の配置です。

a0163962_1735237.jpg


▲間もなく外壁、内装工事へと進んでゆきます。


当カテゴリー注文住宅では、
私たち中野建築が手がけさせていただいた注文住宅を
施主様の許可を得て、ご紹介してまいります。
施主様のご都合もありますので、
現地見学等のご依頼はご容赦ください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com


[中野建築ホームページのトップページへ]
[PR]

by nakano-arc | 2012-09-04 18:04 | 注文住宅

築200年の古社を再生 〜その4〜

土台・柱などを補強しました

a0163962_9514074.jpg

▲腐食が進んでいた土台(横木)を交換。石積みの土台の上で、柱をしっかりと支えます。

南国徳島も、朝夕はめっきり涼しくなりました。
とはいえ、日中は猛暑日が続き、外で作業する
大工さんはじめ、建築スタッフのみなさんも、
噴き出す汗を拭いながら、徳島の暑さと戦っています。

あらためまして、読者のみなさま、こんにちは。
阿波の名匠「 中野建築」です。

今回は、10月の秋祭りを前に、改築を進めさせて
いただいております築200年の古社「八幡日吉神社」の
リフォーム作業風景の第4話です。

数十年前に改修された神社建物は、
幸いにもシロアリによる害はなかったものの
前回改修で好感されていなかった建材の老朽化と
雨漏りによる腐食が進んでおり、特に土台部分や
壁、柱などで、早急な手当が必要な箇所が
多数見つかりました。

今回は、そうした土台部分や柱、梁、斜交いなどの
交換・補強の様子をご覧いただきます。

伝統の在来工法を受け継ぐ中野建築ならではの
和の建築物リフォームの技をご確認ください。


中野建築・HOMEへ戻る

a0163962_9475522.jpg

▲使える柱や梁は、できるだけ残しながら、斜交いや補強金物で強度を確保しています。

a0163962_9481087.jpg

▲傾き、浮いていた束石(つかいし)も、ぴったりはまり、門柱を力強く支えています。

a0163962_9475548.jpg

▲細工がされた梁などは、できるだけ残すことで、歴史を後世に伝えます。

a0163962_947553.jpg

▲いよいよ床・外壁・渡り廊下などの工事に取りかかります。

阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
阿波の名匠「中野建築」のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com

中野建築・HOMEへ戻る
[PR]

by nakano-arc | 2012-09-04 10:12 | リフォーム