2012年 07月 31日 ( 1 )

大型納屋の雨漏り対策と補強 〜その1〜

段差があった屋根を、切妻の大屋根に!

a0163962_16421379.jpg


▲スレート葺きで段差のあった屋根を切妻に変更しました。

徳島に本格的な夏がやってきました。
そしてもう2週間もすると、南国をいっそう熱く沸騰させる
阿波踊りの本番。あの熱気が、私たち徳島人はもちろん
県外・海外からのお客様を魅了するのですね。

でも、いつもの暮らしは、涼しく過ごしやすいのが一番。
阿波の名匠「中野建築」では、徳島の風土を理解し、
積み重ねてきた在来の技に加え、最新の建築技術を取り入れ、
暮らしやすく、安全・安心の家づくりに取り組んでいます。

そして私たち中野建築は、注文住宅を新築するだけではありません。
ちょっとした雨漏りへの対策や老朽化した壁の補修、
床下、屋根裏の点検、間取りや水回りの変更、
さらには耐震工事まで、自信を持ってうけたまわっています。

今回のカテゴリーでは、そんなリフォーム案件から、
大型の納屋の改修工事の様子をご紹介します。
かつて納屋の一角で牛を飼っていたという施主様(T様)から、
老朽化した大納屋の雨漏り対策と補強工事を
ご依頼いただきました。

まずは、段差のあった納屋のスレート屋根を、
一続きの切妻屋根に変更し、防災瓦を敷設した様子を
ご覧いただきましょう。

a0163962_16421398.jpg


▲薄くて丈夫な防災瓦で、大屋根全体を葺きました。
段差を解消し、一続きの屋根にすることで、
雨漏りの心配がいっそう小さくなります。


a0163962_1642145.jpg


▲防災瓦は、万が一の地震や台風などの強風にも、
外れにくい構造になっています。また軽く、強度があるため、
強い家づくりに欠かせない建材のひとつでもあります。


a0163962_16421492.jpg


▲屋根の継ぎ目、瓦との接合部、屋根と壁との隙間など、
仕上げ後も、再度入念にチェックしています。


a0163962_16421580.jpg


▲かなり古い建物のため、土壁が落ちたり、
柱や壁にもゆがみが生じていました。これらを矯正・補修し、
微細な隙間をつくらないよう細心の注意を払いながら、
防水対策工事を進めました。


a0163962_16422528.jpg


▲屋根の端も、金属板でしっかり保護しました。

a0163962_16422630.jpg


▲開口部(窓)には、必要最低限の庇を設け、
雨風の吹き込みや強烈な陽ざしを防ぎます。


a0163962_16422648.jpg


▲昔ながらの知恵と、最新の技術により生まれた防災瓦。
中野建築の仕事も、先人の技を受け継ぎつつ、
新しい技術により行っています。


a0163962_16422798.jpg


▲奧の建物が、現在リフォーム中の納屋。
手前は、かつて私たち中野建築が手掛けさせていただいたT様邸。
堂々とした佇まいです。


a0163962_16422754.jpg


▲次回は、外壁の防水工事の様子や
室内工事の様子をご紹介します。
お楽しみに!


阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
中野建築のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com
[PR]

by nakano-arc | 2012-07-31 17:25 | リフォーム