築200年の古社を再生 〜その1〜

老朽拝殿のリフォームに着手!

a0163962_854248.jpg


▲築200年という古社の再生工事がはじまりました。

伝統の在来工法に学び、最新の技術を取り入れ、
施主様の夢のマイホームづくりに取り組む
阿波の名匠「中野建築」です。

このカテゴリーでは、私たち中野建築の技術をご覧いただくため、
築200年という古い神社の再生の様子をご紹介します。

この古社は、阿波市阿波町十善地に建立された
八幡日吉神社で、当社を守る神主さんに聞くと、
「多くの熱心な氏子さんを抱えているが、
老朽化から、いつ倒れてもおかしくない」状態です。

中野建築では、当社の氏子さんたちに愛され、
信仰を集める神社の原型はしっかりと維持しながら、
腐食の進んだ拝殿の床、壁、柱、そして屋根瓦を取り除き
新たに加工を施した木材等の建材を据え直すことで
八幡日吉神社の再生に取り組むことにしました。

まずは、老朽化した部分を撤去する様子をご確認ください。
神社の建物にできるだけ負荷をかけないよう、
また作業に携わる人の安全に十分な注意をはらいながら、
工事を進めました。

a0163962_8543378.jpg


▲4月末に着工、10月には完成の予定です。

a0163962_8543374.jpg


▲老朽化から雨漏りを起こすようになった屋根瓦を撤去します。

a0163962_8543271.jpg


▲まだ堅牢な神殿に、大太鼓などを避難させます。

a0163962_8542520.jpg


▲瓦を撤去し、厚く敷き詰められていた土を落とします。

a0163962_8542522.jpg


▲壁は風雨による腐食と、シロアリによる食害が進んでいました。

a0163962_8542457.jpg


▲長く社殿を守ってきた屋根瓦。大切に保管します。

阿波の名匠・中野建築では、在来工法を大きな柱に、
最新の技術によるこれからの家づくりを通して、
施主様のよりより暮らしづくりのお手伝いをさせていただいています。
その中ではもちろん、リフォームのご相談も
積極的にうけたまわっております。
どうぞお気軽にお問い合せください。


当カテゴリー『リフォーム』では、
私たち中野建築が手がけるリフォームの実例を
施主様のご了解を得た上で順次ご紹介してまいります。
どうぞ、ご愛読ください。
阿波の名匠「中野建築」のリフォームについて、お気軽にお問い合せください。

有限会社 中野建築
〒771-1705
徳島県阿波市阿波町十善地158番地
電話 0883-35-3718
ファックス 0883-35-7417
お問い合せe-mailは、arc-info@nakano-arc.com
HPアドレス http://nakano-arc.com
[PR]

by nakano-arc | 2012-08-02 09:23 | リフォーム

<< 築200年の古社を再生 〜その2〜    大型納屋の雨漏り対策と補強 〜... >>